2014年04月30日

雨の日こそ積極的に秩父鉄道

20140430a.JPG

鉄道写真に限った事ではありませんが、曇天はいざ知らず、雨の日は撮影に赴きたくないもの。靴は中まで濡れるわ通気性の良くない雨具を着れば中が群れてクサクサ状態で閉口するって感じ。だがしかし考えて見ると、晴天時に撮った写真は当たり前のように見るものの、雨天の写真は殆ど見る事が無い。

特に鉄道写真が如実。

それならば!と積極的チョイ引き風味を醸しながら俺は構わず撮りに行きます。誰も撮りたがらない事も出向く理由の一つですが、雨天独特の薄暗くシットリとした感覚が好きなのです。それに行楽シーズンでも人少ないですしね。

 普段は朝早めに家を出て、シャブり尽くすように企画券を使い倒すのですが、今日は遅めに現地入り。三峰口駅ホーム内で撮ってみます。

20140430d.JPG

雨天の写真ですから、ある程度レンズに水滴が付着しても"雰囲気"として拭き取らずに撮影します。…が、三峰口にいる間はたいした雨量が無く思い通りのシチュエーションには至りませんでした。

場所を移動して毎度足蹴もなく通う河原へ。

20140430b.JPG

ここでは普段好んで撮る場所以外のアングルを探して河原を歩きますが、雨露に程良く濡れた石で滑り転んで傘が大破したりで引き気味で数枚。1000系引退時までは、残り少ない1000系を撮る機会を逃す事無くと気張りましたが、今は一本二本逃しても好きな角度を探そうと暗躍。

20140430c.JPG

移動時には結構降っていた雨も小康状態で、再び思い描くシーンは撮れず。画面を暗目にして撮影してました。なんだかんだで数枚しか撮影出来なかったこの日の撮影行脚でしたが、晴天には無い雰囲気を楽しめたので良しとします。

雨の日は本当に楽しい。





posted by ハイニェル王子・光臨 at 21:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン クリックで救える命がある。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道音・鉄道録音へ
検索
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。