2013年07月31日

秩父鉄道7800系の空転対策 -2-

20130731a.JPG

前回<1>からの続き 

本来、平日の通勤通学の時間帯に2編成連結したり、閑散とした平日の影森-三峰口間を、減便して地域住民にガッツリ叱られないよう、低コスト化するのが7800系の導入意義なのでしょうから、出来るだけお金をかけずに問題を解消したい。結果、対策はセラミック噴射装置の設置のようです。

20130731b.JPG

20130731c.JPG

20130731d.JPG

編成の羽生側の7801号が動力車ですから、その台車前に設置してありました。三峰口側の7901号はトレーラー車ですから未設置。 VVVFや電動車化よりも低コストでメンテナンスが楽で効果があるのであれば御の字。

20130731e.JPG

設置したのであれば、その効力を確認する為に影森-武州中川間で繰り返し往復。浦山口には関係者が待機して下りは通過、上りは一端停車して加速する動作を繰り返しながら、実際に噴射するタイミングのデータ取り。

20130731f.JPG

20130731g.JPG

この日、自分が見物していた時には悪条件でありながらも問題無く加速して行きました。 2013年03月16日のダイヤ改正前に時間をかけて試運転をしていた7801F。今回の対策で、もう空転で登坂出来ない噂は収束するのではないかと思います。

注:今回の記事は憶測をたっぷり含んだ内容ですから、秩父鉄道に直接問い合わせても「何それ美味しいの?」的な解答しか出ないと思われる為、たぶん無駄です。


-3に続く-




posted by ハイニェル王子・光臨 at 22:14| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 秩父鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事楽しませて頂きました〜。
偶然の出会い羨ましい〜ウフフ〜(笑)
7800系代走にまた1000系来てほしいですが2コテが要らない子にならないように願いたいですね!!
Posted by 腹黒293 at 2013年08月01日 05:36
偶然の出会いは必然の出会いでもありますね。
前回の1000系東行田が1003Fだったので、今度は1001Fに来て欲しいですね。5000系でも歓迎です。

2コテが2編成連結して試運転ってのも今後考えられそうなので萌え萌えです。
Posted by 管理人 at 2013年08月01日 13:04
GJ
Posted by 長津田住民 at 2013年09月13日 14:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370776738
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン クリックで救える命がある。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道音・鉄道録音へ
検索
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。