2013年03月25日

秩父鉄道 SLおとなの日本酒列車 鐵の道号

20130326a.jpg

2013年3月23-24日に"おとなの日本酒列車 鐵の道号"が走りました。23日は矢尾本店、24日は武甲酒造がくだり列車のみで純米酒"鐵の道"を試飲・販売。試飲があって購入特典もアリ…ならば乗るしかないでしょう。

ぐへへへ

当日はモチロン御花畑経由。西武沿線から御花畑経由で熊谷に向かう方が、金銭面の負担が軽いと言う事と、何よりも秩父鉄道沿線の運用状況も見ながら進めますからね。それにしても、都内では桜も花咲く暖かい春先の筈ですが、今日は曇天で寒い。

20130326b.jpg

20130326c.jpg

20130326d.jpg

石原駅に回送表示で停車していた1010Fが、その後間を置かずに熊谷に上って来たり、熊谷の側線に停車中の1001Fと並んだり。1003Fとも三並びになったりも。"鐵の道号"は、出発10分前にはクワトロ機(デキ201)牽引で熊谷入線、定刻に出発しました。

20130326f.jpg

走り始めると早速武甲酒造の方々が早々と試飲販売開始。武甲酒造版"鐵の道"は限り無く無色透明、極甘口でフルーティ。酔っ払いに代表される悪い日本酒のイメージ等一切無し。これでグイ呑みも貰えるのなら安いものと即買いしました。

20130326e.jpg

20130326g.jpg

汽車は時折ガクンガクンと振動しながら進む。試飲として2杯、友人が早くも開けた"鐵の道"を頂きながら車窓を見ていると、「パレオと一緒にステキな旅を」の張り紙をした車を発見。こういう光景も良いですなぁ。武川停車時にグイ呑みを記念撮影。

20130326h.jpg

20130326i.jpg

寄居停車中に"鐵の道号"を追い越すのは先程熊谷で羽生へ向かった1003F、1521レですね。この後、比較的気温が低く爆煙であったので秩父で下車、ここで"鐵の道号"を追い越すのは1010Fの1523レ。これに乗車して影森に向かい、下って来る"鐵の道号"を撮影。

20130326j.jpg

撮影後は折り返し御花畑へ戻り、某所にある第四種踏切で数枚撮って宴と相成りました。

20130326k.jpg

この日、御花畑で購入したフリー切符が旧デザインタイプであった事、急行券の番号が7702であった事。熊谷駅でパレオ乗車券と共に頂いた缶バッチ。そして美味しい純米酒。補機も無く走り続けたc58-363。…とても良い一日でした。

ぐへへへ




posted by ハイニェル王子・光臨 at 22:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆるゆるな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン クリックで救える命がある。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道音・鉄道録音へ
検索
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。