2013年03月12日

ダイヤ改正前 西武特急小江戸の音拾いをする。

20130312a.jpg

2013年3月16日は関東にある鉄道会社でダイヤ改正。これまでも西武鉄道は帝都高速度交通営団との相互乗り入れ等、節目節目でダイヤ改正を行い、利便性を向上してきました。

今回のダイヤ改正でも、乗り換え無しで横浜や元町・中華街に出向く事が出来るようになり、更に大きなネットワーク構築が完成する事となる訳です。そんなダイヤ改正に伴う西武鉄道線内の変化を、音と言う観点から残す事が出来ないだろうかと思い、特急レッドアロー小江戸号の走行音を拾う事にしました。

改正前と改正後で変化のある列車は多々あるものの、特に個人的に目立った存在が新宿線を走る特急・小江戸。改正後には今まで停車する事が無かった東村山に全列車停車するようになります。丁度最近、西武鉄道初のCM放送もあり、今回はこれを狙いました。

20130312b.jpg

20130312c.jpg

車内座席には和紙のような素材で出来たヘッドカバーが掛けられています。CM放送に合わせて秩父への利用促進を兼ねた印刷が。

普段デッキがある特急列車専用車両にて音拾いをする場合、大抵デッキで行うのですが、今回は腰を下ろして耳に飛び込む音を意識し、車内で拾います。

普段何気なしに乗車する通勤形車両と違い、特急用車両は有料で頻繁に乗車する機会があるかと言えば無い。座席も指定されているので、どの座席に陣取るかは大きな問題でもあります。レッドアローとして使用される10000系の台車含む床下器機類は、元を辿れば101系等の器機類を流用しており、その爆音を録る事が10000系レッドアローを録る事と同意のような気がします。

20130312d.jpg

爆音をしっかり拾うと、走行時に流れる車内放送が聴き取れない事態も多々ある事から、車内スピーカーがどの座席に近いのかを知っておく必要があります。
10000系の場合、西武新宿側から順に

1a 3d 5a 7d 9a 11d 13a 15d

…の直上付近に車内スピーカーがあり、点検蓋から漏れる台車の音や車内放送を考えると 1a 3d 13a 15d 辺りを狙う事になります。小江戸の場合、本当は3aを狙いたい所ですが、西武新宿側の座席から埋まってゆく傾向があるようなので、あえて15dを選ぶ事にしました。ちなみに先頭車は中間車よりも座席数が少なく、トレーラー車でもあるのでスピーカーの位置はチェックしておりません。

唯一のVVVF車である10112Fは、あえて2号車や5号車の 7d 9a にしてみるのも手です。

座席を絞ったら列車選び。西武新宿発の小江戸の場合、列車を間違えると出発前の車内放送が拾えなくなる場合があります。本川越から到着して折り返す場合、座席転換や車内清掃などが必ずあり、到着から出発までの間が8分〜10分と短時間の場合が多い。機材を用意・設置しているうちに車内放送が終了する場合が多いのです。

しかも通勤ラッシュが終わり、空気輸送率が比較的高い平日下りの午前中は表定速度が低い場合が多く、迫力に欠ける事もあります。結構難しいです、それにノイズ源の対処も思案せねばならないので。

20130312e.jpg

そんなこんなで東村山を通過する列車を一往復分、対象列車間の間合いをスタバで過ごし、帰って来た次第で御座います。

ダイヤ改正で変化のある列車全てを記録できる訳でもありませんから、今回はこの一往復を拾ってこれただけで満足すべきだと感じる、今回の音拾いで御座いました。





posted by ハイニェル王子・光臨 at 22:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆるゆるな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン クリックで救える命がある。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道音・鉄道録音へ
検索
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。