2012年11月23日

秩父鉄道 傷だらけのチョコバナナ1007号編成

20121123a.jpg

都内近辺では午前中から午後にかけて降雨との事でしたので、観光客の出足が悪いだろうと今日も秩父地方に散歩に出向きました。出先に老い先短い子がおれば、何につけても注目するのが人心である訳なので、1007Fが頑張っていないか車窓から対向車を望みながら三峰口へ。

三峰口には運良く1007Fが停車しており、常に印象に残っている箇所を見て周りました。もしかすると、さよならイベント前ではこれで最後かもしれませんし。 製造から現在まで一般的な車両の寿命を遙かに超えた形式ですから、各所に塗装浮きや亀裂があり、車体の汚れもあってか引退もやむなしと言う所です。

20121123b.jpg

20121123c.jpg

20121123d.jpg

先日試運転を行った現時点での最新入線車両7507Fが営業運転に。新車は普通シート生地や新たに生成された金属板などの独特な香りがしますが、7507Fは接着剤の香りが充満しておりました、流石秩父鉄道一味違う。この編成もそのうち車体・床下機器共に汚れまみれになる運命ですから、出来る限り綺麗な今のうちに撮影しておいた方が良いかもしれません。

20121123e.jpg

今日のぶら〜り秩父散歩はこの後、和銅黒谷や三峰口、仲見世通りでの私的撮影会や友人知人との雑談、音拾いは成功率ガックリ消沈50%と、毎度の事ながら音以外では結構有意義な一日で御座いました。





ラベル:秩父鉄道
posted by ハイニェル王子・光臨 at 23:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆるゆるな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン クリックで救える命がある。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道音・鉄道録音へ
検索
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。