2009年01月15日

餃子はビールの友であるべきで。

20090115a.jpg

烏山線の収録を終えた後、自宅を出発してから食事を摂っていなかったのもあって、宇都宮で名物の餃子を食する事にする。

宇都宮の改札を抜けた所にある観光案内所にて、比較的安価で食せる餃子の店を教えて貰い、駅ビル内にある老舗餃子店に行き着いた。餃子を焼く独特の香りが店外まで続くその店は、宇都宮に複数店を展開する人気店らしく、食事待ちをする人達で列が出来ていた。

数分並んで、入口にある自動券売機で餃子二人前・水餃子一人前のライスセットを選択、食券を店員に渡し席に着き、ワンテンポ置いたタイミングで注文した品々が届く。それが今回の写真。

餃子と言えば噛み締めた時に感じるバリっと言う皮の食感と、ジワっと湧き出す肉汁と韮の風味。それらがタレと絶妙に合体し、ご飯とビールに突撃する殲滅戦と相成る訳ですが、この店の味は焼き餃子・水餃子共に妙に淡白。タネよりも、皮のモチモチっとした風味が勝っている味とでも言いましょうか、食事をして電車に乗っても他に迷惑がかからない、良いも悪いもそういう味でした。ビールの友としては辛いが、買い物途中の食事としては丁度良いのかもしれんね。


食事をした後は小山・高崎と寄り道をしながら帰った訳ですが、出先にある名物を食して帰るって良い感じ。

タグ:音鉄の食卓
posted by ハイニェル王子・光臨 at 21:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 音鉄の食卓! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112662494
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

03[5001wE506306607E05904B1F
Excerpt: 餃子で検索してみました。ブログなんか結構あります。気になるものだけ記録しておき...
Weblog: 餃子
Tracked: 2009-01-16 06:55
blogram投票ボタン クリックで救える命がある。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道音・鉄道録音へ
検索
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。